エンタメ

吉永小百合映画2021いのちの停車場で初の医師役!キャストの年齢は?

吉永小百合映画2021いのちの停車場で初の医師役!キャストの年齢は?
Pocket

吉永小百合さんと言えば、言わずと知れた昭和の時代から日本を代表する大女優ですが、2021年に主演映画「いのちの停車場」で、ご自身初となる医師役にチャレンジされていることで話題になっています。

70歳を超えてもなお、少女のような若々しさと凛とした演技で観客を魅了する吉永小百合さんの映画2021年いのちの停車場で挑む初の医師役の評判を、キャスト陣の年齢も併せて考察させていただきます。

 

吉永小百合映画2021いのちの停車場で初の医師役!

吉永小百合さんと言えば、老若男女問わず、様々な役柄に挑戦されてきて、気品のある女性役のイメージが強いですが、医師役を演じるのは、今回が初めてだそうです。

ちょっと意外な印象もありますが、74歳にして現役医師役を違和感なく演じられる女優さんは、なかなか居ないことでしょう。

舞台挨拶でも「スクリーンから飛沫は飛びませんので」と、上品ながらもユーモアのある回答をされていたそうで、さすがですね。

 

キャストの年齢は?

もはや、吉永小百合さんの親の役を演じられる人はそうそういないと言われる中、今回のいのちの停車場で、吉永さん演じる医師、白石佐和子の父親を演じた田中泯さんは、何と吉永小百合さんと誕生日が3日違いの同年齢だというのに、驚きです。

74歳にして親子役を演じられるのは、双方の演技力の高さの賜物と言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

ここまで、吉永小百合映画2021いのちの停車場で演じた初の医師役について、キャストの年齢とともに考察させていただきました。

70歳を超えてなお、輝きを増し続ける吉永小百合さんの姿に、同世代ならずとも憧れを抱かずにいられませんね。

作品が描く世界観も、いのちの尊厳や在宅医療の在り方を、現代社会を生きる私たち1人1人に問いかけているような気がしています。

原作も含め、1人でも多くの人々に作品のメッセージが届くことを願っております。