ニュース

桜島噴火がやばい!いつものことではない避難や備えを調査!

桜島の噴火は地元住民にとっては「いつものこと」として、警戒レベル3までは日常茶飯事ですが、今回警戒レベルが5に引き上げられたのが、どのくらい「やばい」のか、避難情報や備えについても調査していきます。
Pocket

桜島噴火の警戒レベルが5に引き上げられ、避難の範囲がどうなるか注目されています。

桜島の噴火は地元住民にとっては「いつものこと」として、警戒レベル3までは日常茶飯事ですが、今回警戒レベルが5に引き上げられたのが、どのくらい「やばい」のか、避難情報や備えについても調査していきます。

 

桜島噴火がやばい!いつものことではない避難や備えを調査!

深夜の時間帯だと、避難警報出されても留まるべきか避難するべきか迷うところですが、避難を決断したら、懐中電灯、火山灰でも歩ける長靴、携帯電話と充電器、軍手などの手袋、なるべく身軽にしながらも、これらの必須アイテムを持参して避難することが大事ですね。

視界が遮られることも多いので、ゴーグルの着用、懐中電灯も出来れば両手が空く様にヘッドライトタイプのものがおススメですが、緊急時で用意できない時はまずは身体の安全を最優先させてくださいね!

 

まとめ

桜島の噴火は地元住民にとっては「いつものこと」として、警戒レベル3までは日常茶飯事ですが、今回警戒レベルが5に引き上げられたのが、どのくらい「やばい」のか、避難情報や備えについても調査しました。

桜島噴火の警戒レベルが5に引き上げられ、避難の範囲がどうなるか注目されていますが、周囲の安全に気を配りながら、少しでも安心できる場所で夜を過ごせることを願っております!