スポーツ

鍵山優真父の職業はコーチ?車いすの理由はなぜ?

鍵山優真父の職業はコーチ?車いすの理由はなぜ?
Pocket

北京冬季オリンピック2022の男子フィギュアスケートの新星、鍵山優真選手の活躍が注目されていますね。

鍵山優真選手の父も、元フィギュアスケートの選手との情報もあり、現在はコーチをしているのか、車いすを使用している理由がなぜなのかが気になっている方もいらっしゃるようです。

今回は、鍵山優真父の職業はコーチなのか、車いすの理由はなぜかについても調査してみました。

 

鍵山優真父の職業はコーチ?

鍵山優真選手の父、鍵山正和さんは愛知県名古屋市の出身で、1992年のアルベールビルオリンピックに続いてリレハンメルオリンピックにも連続出場されているオリンピアンです。

現在は長男優真選手をはじめ、フィギュアスケートコーチを職業としてされているようですが、家庭でも父子家庭を切り盛りするお父さんの役割を担ってきたようです。

祖父母の協力を得ながら、シングルファザーで3人の子どもたちを男で1つで育て、長男の優真選手をオリンピアンを育て上げたことは、多くの人の励みになりそうですね。

 

車いすの理由は脳梗塞

鍵山優真選手の父、正和さんは元フィギュアスケート選手でオリンピック出場経験もあり、今回親子2代でのオリンピック出場を果たしたことでも話題を呼んでいます。

そんな鍵山優真選手の父、正和さんが車いすを使用している理由については、2018年に脳梗塞で倒れた後の後遺症のようです。

父でもありコーチでもある正和さんの療養中、優真選手は「自分がスケートを頑張ることで父の回復につながる」と信じ、いっそう練習に励んでいたそうです。

そんな親子の絆が、親子2代でオリンピック出場という快挙を成し遂げた原動力となったのかもしれませんね。

鍵山正和さんが後遺症の後も、一流アスリートを育て上げるコーチとして活躍されている姿は、病や障害とともに生きる多くの人にとっての希望となりそうですね。

 

まとめ

ここまで、北京冬季オリンピック2022の男子フィギュアスケートの新星、鍵山優真選手の父が、元フィギュアスケートの選手との情報もあり、現在はコーチをしているのか、車いすを使用している理由がなぜなのか調査しました。

鍵山優真選手のみならず、北京五輪フィギュアスケートを盛り上げる他の選手や、アスリートを支えるコーチや関係者の方々も含めて、今後の活躍が楽しみですね!