エンタメ

JO1ライブ2022チケット倍率どのくらい?当たりやすい方法を調査!

JO1ライブ倍率
Pocket

JO1ライブ2022「KIZUNA」ツアーが発表されて、チケット倍率がどのくらいなのか、気になる方も多いのではないでしょうか?

人気急上昇中のJO1ライブ2022,当たりやすい方法も知りたいですよね。

今回は、JO1ライブ2022KIZUNAツアーチケット倍率がどのくらいなのか、当たりやすい方法を調査していきます!

 

JO1ライブ2022チケット倍率どのくらい?

直近の2021年JO1ライブの倍率は、11.9倍だったという事で、10人に1人の当選確率だったようです。

2022年は人気がまた上昇してチケットが更に取りにくくなるのではと心配されている人も多いようですが、コロナ禍で座席数も少なかった2021年に比べて収容人数が増えることも予想され、倍率がどのくらいになるか、各会場の収容人数から予想していきます。

 

9月3日4日愛知公演の倍率は?

愛知国際展示場の収容人数は約6500人。

2公演あるので、13000人分の座席に対してどのくらいの応募があるかによって、倍率が変わってきますが、平日公演なので、比較的当たりやすい倍率になることが予想されます。

 

9月10日・11日大阪公演の倍率は?

大阪の丸善インテックアリーナ大阪会場の収容人数は10000人、3公演あるので、30000人の収容人数に対する応募総数で、倍率が違ってきます。

 

9月17日・18日・19日神奈川公演の倍率は?

神奈川公演は、嬉しい3日程が用意されています。

会場のぴあアリーナMMの収容人数は10000人、3公演で30000人分のチケットに対して、応募数がどうなるかによって倍率は変わりますが、シルバーウィーク中でもあり、倍率の高い人気公演になりそうですね。

 

9月21日・22日福岡公演の倍率は?

千秋楽を迎えるマリンメッセ福岡の収容人数は11000人。

2公演で22000人分のチケットに対する応募数がどのくらいになるかですが、千秋楽公演だけに倍率は高くなることが予想される一方で、平日公演で九州での開催なので、意外と穴場で当たりやすい公演になる可能性もあるかもしれませんね。

 

JO1ライブ2022当たりやすい方法を調査!

人気上昇中のJO1ライブ2022チケットが当たりやすい方法はあるのでしょうか?

この方法で確実に当たるという方法があれば、誰もがやっているので、絶対に当たる確実な方法があるわけではないですが、当たりやすくなる方法をお伝えしていきます。

 

初日と千秋楽をあえて外す

JO1ライブ2022に限らずですが、ライブ初日と千秋楽は人気が高く、特に千秋楽公演のチケット倍率は高くなる傾向があります。

なので、行きたい気持ちも山々ですが、初日と千秋楽公演をあえて外して応募することで、当たりやすくなる可能性はありそうです。

 

平日公演に狙いを定める

多くの人は土日休みで平日は学校や仕事があるので、平日休みが取れる学生さんや主婦の方や社会人の方は、平日公演に狙いを定めて応募すると、当選する確率が上がりそうです。

 

複数名義で複数公演に応募する

JO1のファンクラブ会員だと応募できる回数も増えて、複数名義があればそれだけ当たりやすくなりますので、家族や友人と協力して複数名義で複数公演に応募することも、当選確率を上げる有効な方法ですね。

 

まとめ

ここまで、JO1ライブ2022チケット倍率がどのくらいなのか、当たりやすい方法を調査していきました。

まだ発表されたばかりでJO1ライブ2022チケット倍率がどのくらいか、これからさらに人気は高まっていきそうなので、当たりやすい方法をいろいろ試して、多くの方がJO1ライブ2022を楽しめますようにと願っております!