地域コミュニティ

ゴールデンウィーク2021子どもとの過ごし方おすすめランキング!

ゴールデンウィーク2021子どもとの過ごし方おすすめランキング!
Pocket

2021年度始まりの4月も半ばになり、ゴールデンウィークの足音が近づいてきましたね。
去年は緊急事態宣言のさなかで全国的に外出自粛が要請され、行楽地も閑散とした状況がありましたが、ゴールデンウィーク2021年の子どもとの過ごし方はお決まりでしょうか?

2021年度も各地で心配なニュースは尽きませんが、例年にない我慢の1年間を過ごして、新年度スタートを頑張る子どもたちに、旅行などのおすすめランキングを見て、ゴールデンウィークくらいどこか連れていってあげたいと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、ゴールデンウィーク2021子どもとの過ごし方おすすめランキングをご紹介いたします。

 

ゴールデンウィーク2021子どもとの過ごし方おすすめランキング!

ゴールデンウィーク2021子どもとの過ごし方おすすめランキング!

もうすぐやってくるゴールデンウィーク、楽しみにしている子どもたちやサラリーマンとは裏腹に、家庭を預かる主婦や主夫の方々にとっては、毎日3食の食事の準備や、出かける場所など、頭を悩ませてしまうことも少なくないのではないでしょうか。

2021年のゴールデンウィークは、5月1日(土)~5月5日(水)と、5連休あります。

まとまった休みにしか行けないような、遠くの場所へのお出かけもしたいところですが、去年の緊急事態宣言発令から続いている外出自粛の風潮で、近場でのお出かけやおうちでの過ごし方にも注目が集まっていますね。

それではさっそく、ゴールデンウィーク2021子どもとの過ごし方おすすめランキングをご紹介します。

 

1位:おうちキャンプ

山や海など、本物のキャンプ場でキャンプ体験できれば、もちろんそれに越したことはないのでしょうが、準備やコスト、感染対策など、いろいろ考えると二の足を踏んでしまう人も少なくないのではと思います。

そこでおススメなのは、おうちでキャンプ体験してみる事!

道具は、本物のテントがあればそれを室内やベランダ、庭などに建ててみるのもいいですし、本物のテントがなくても、室内で過ごすテントなら、タオルケットや新聞紙など、家の中にあるものを使って実は作れちゃいます。

工作やDIYの本や動画などもたくさん出ているので、自由研究さながらに家族で研究してみて、試行錯誤するのも、良い思い出になりそうですね。

テント作りだけでなく、子どもと作れる料理など、いつもと違う気分でやってみると、単なるお手伝いではなく、非日常の特別体験になる上に、いつも台所を預かっている主婦・主夫のママやパパへの何よりのプレゼントになるかもしれませんね。

 

2位:サイクリング

気候の穏やかなゴールデンウィークならではの、おすすめアクティビティはサイクリング!夏休みや冬休みでは、気候が厳しく長時間のサイクリングは耐久レースになってしまいそうですが、5月の風に吹かれて家族で爽やかにサイクリングは気持ちよさそうですね。

普段はなかなか運動の時間が取りにくいサラリーマンには、健康にも良さそうですね。

家の近くの川沿いや大きな公園など、サイクリングスポットを探して地図を広げるところから、家族の絆を深めるきっかけにもなりそうです。

お弁当を持っていくのも良いですし、行き先で美味しそうなカフェやお店を見つけることも楽しみの一つになりそうですね。

 

3位:おうちシアター

今はプロジェクターも安い値段で買えますし、プロジェクターがなくても、テレビやパソコンなどで、映画館レベルの画質で映画や動画が楽しめる時代になりました。

同じ家で過ごしていても、それぞれスマホやタブレットで好きな動画をずっと見ているのも、悪くはないかもしれませんが、せっかく5日間もあるゴールデンウィークなら、ちょっと雰囲気を変えて、みんなで1つの作品を鑑賞する「おうちシアター」がおススメです。

人気タイトルが視聴し放題のVODも多くあり、無料お試し期間が30日前後あるものもあるので、今からゴールデンウィークまで、さまざまなVODを試してみて、お気に入りを見つけるのも良いかもしれませんね。

 

4位:リアルおままごと

我が家には3歳の娘がいますが、小さな女の子が大好きな遊び、「おままごと」や「おせわごっこ」をリアルのお手伝いに生かしちゃうのも、手間はかかりますが、時間がたっぷりあるゴールデンウィークにぜひともおススメです!

おとながやっていることを真似するのが大好きなので、教えてことは結構忠実に覚えてくれますし、火や包丁など、危ないと思う道具も、大人が見ているところでしっかり教えることで、その危険性も知った上で使いこなせる子どもに成長していきます。

ひと夏超えると子どもの成長がわかる、といいますが、ゴールデンウィークの過ごし方次第で、親も子どもも成長するチャンスがたくさん潜んでいると思います。

ここでお手伝い大好きな子になってくれたら、ゴールデンウィーク明けの毎日の生活も、親も楽になるし、子どもも将来独立しても、自分で生きていける力が自然と身につき、いいことづくめですね。

 

5位:動物園

子どもとのお出かけスポットとして定番中の定番である、「動物園」ですが、基本的に屋外型スポットなので、日差しの厳しい夏休みシーズンや、寒さの厳しい冬休みシーズンよりも、気候の穏やかなゴールデンウィークにおすすめです!

そのぶん混雑もしやすいので、車で行くなら、駐車場が満車になってしまう前に、開園時間前に到着できるようにするのがおススメです。

動物園ごとに規模や特徴が違うので、近場で何か所かあるなら、日にちを変えて複数訪れてみるのも楽しそうですね。

 

まとめ

ゴールデンウィーク2021子どもとの過ごし方おすすめランキング!

ここまで、ゴールデンウィーク2021子どもとの過ごし方おすすめランキングをご紹介させていただきました。

新学期が始まって、新たな環境で頑張っている子どもたちにとって、ホッとできる時間や、楽しめる時間、リフレッシュできる過ごし方で、家族みんなで穏やかな気持ちで連休明けを迎えたいものですね。

今回のおすすめランキングに入らなかったスポットも含めて、普段の暮らしを改めて見つめなおし、小さな幸せをたくさん見つけられるゴールデンウィークになりますようにと、願っております。