お出かけ

富士急ハイランドお仕置き観覧車って何?混雑状況は?

富士急ハイランドお仕置き観覧車って何?混雑状況は?
Pocket

富士急ハイランドに「お仕置き観覧車」なるアトラクションが登場したことが、トレンドに上がり、注目を浴びています。

全国有数の絶叫マシン聖地として知られる富士急ハイランドの「お仕置き観覧車」とは、いったいどんなものなのか、混雑状況も含めて解説していきます。

富士急ハイランドお仕置き観覧車って何?

富士急ハイランドに登場した「お仕置き観覧車」とは、「牢屋型ゴンドラ」が2基登場し、何と風通しスケスケの檻の中に入って地上に上がるという、考えただけでも恐ろしいスリル満点の乗り物のようです。

その名も「監ごくん牢ごくん」といって、約11分間の空の上の極上お仕置き時間を満喫できるそうですよ。

 

混雑状況は?

富士急ハイランドの混雑状況は、土日祝日や夏休みシーズンになるとかなり混雑するようですが、夏休みシーズン以外の時期の平日や、連休でない土日などは、比較的空いているので、すぐに乗れるチャンスがあると予想されます。

ちなみに、「牢屋型ゴンドラ」登場は7月21日からだそうです!

 

まとめ

ここまで、富士急ハイランドの「お仕置き観覧車」とはどんなものなのか、混雑状況についても解説させていただきました。

夏休みシーズンも近づき、絶叫好き、スリルを求める人には見逃せない「お仕置き観覧車」、ちなみに私自身は普通の観覧車ですら足がすくむので、かなりハードル高そうですが、勇気あるチャレンジャーの方々は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。