エンタメ

コナン映画読み方2021最新作までのタイトルを一覧で解説します!

コナン映画一覧最新作までのタイトル読み方を解説します
Pocket

1年越しで、2021年のコナン映画最新作「緋色の弾丸」の公開日、2021年4月16日(金)が近づいてまいりました。

今回が24作目となるコナン映画のタイトルには、毎回難解な漢字が使われることも多く、どう読めばいいのか、一覧や解説がないと大人でも読み方に迷ってしまうことがあるのではないでしょうか。

小学生や中高生を育てる親御さんからも、「子どもが自分から読めるようになって、漢字のや英語の勉強になる」と密かに評判だという話もよく聞きます。

そこで今回は、子どもだけではなく大人も唸らせるのコナン映画読み方2021、最新作までのタイトルを一覧で解説させていただきます。

 

コナン映画読み方2021!最新作まで一覧で解説

それではさっそく、2021年で24作目となるコナン映画、最新作までのタイトルと読み方をご紹介していきます。

 

第1作目(1997年4月公開)

時計仕掛けの摩天楼(とけいじかけのまてんろう)

記念すべき第1作です。

初回作だけに読み方はシンプルですが、時計仕掛けというタイトル通り、刻一刻と迫る爆破予告にハラハラしながら、映画館ならではの臨場感が味わえる作品でした。

 

第2作目(1998年4月公開)

「14番目の標的」(じゅうよんばんめのターゲット)

この作品から、「標的」と書いて、ターゲットと読むという、その後のコナン映画のタイトルの特徴である、漢字と英語のコラボレーションが始まりました。

 

第3作目(1999年4月公開)

「世紀末の魔術師」(せいきまつのまじゅつし)

された第3作目は、読み方は日本語名でシンプルですが、その後も登場するキャラクターたちの初登場回としても知られているようです。

 

第4作目(2000年4月公開)

「瞳の中の暗殺者」(ひとみのなかのあんさつしゃ)

に公開された第4作、こちらもシンプルな日本語名の読み方ですね。

 

第5作目(2001年4月公開)

「天国へのカウントダウン」(てんごくへのかうんとだうん)

こちらはシンプルな読み方でわかりやすいですね。

 

第6作目(2002年4月公開)

「ベイカー街の亡霊」(ベイカーストリートのぼうれい)

第2作目以来の、コナン映画の特徴、漢字で英語読みさせる作品です。

 

第7作目(2003年4月公開)

「迷宮の十字路」(めいきゅうのクロスロード)

「十字路」で「クロスロード」と読みます。

 

第8作目(2004年4月公開)

「銀翼の奇術師」(ぎんよくのマジシャン)

怪盗キッドにちなんで「奇術師」=マジシャンと読みます。

 

第9作目(2005年4月公開)

「水平線上の陰謀」(すいへいせんじょうのストラテジー)

 

第10作目(2006年4月公開)

「探偵たちの鎮魂歌」(たんていたちのレクイエム)

 

第11作目(2007年4月公開)

「紺碧の棺」(こんぺきのジョリーロジャー)

「棺」と書いてジョリーロジャーとは、なかなか思いつきませんが、海賊旗を意味する言葉のようです。

 

第12作目(2008年4月公開)

「戦慄の楽譜」(せんりつのフルスコア)

 

第13作目(2009年4月公開)

「漆黒の追跡者」(しっこくのチェイサー)

 

第14作目(2010年4月公開)

「天空の難破船」(てんくうのロストシップ)

 

第15作目(2011年4月公開)

「沈黙の15分」(ちんもくのクオーター)

 

第16作目(2012年4月公開)

「11人目のストライカー」

実在のサッカー選手が出てくることで話題になった作品ですね。

 

第17作目(2013年4月公開)

「絶海の探偵」(ぜっかいのプライベート・アイ)

海上自衛隊全面協力という、コナン作品の国民的価値が評価された作品です。

 

第18作目(2014年4月公開)

「異次元の狙撃手」(いじげんのスナイパー)

 

第19作目(2015年4月公開)

「業火の向日葵」(ごうかのひまわり)

 

第20作目(2016年4月公開)

「純黒の悪夢」(じゅんこくのナイトメア)

 

第21作目(2017年4月公開)

「から紅の恋歌」(からくれないのラブレター)

 

第22作目(2018年4月公開)

「ゼロの執行人」(ゼロのしっこうにん)

 

第23作目(2019年4月公開)

「紺青の拳」(こんじょうのフィスト)

 

第24作目(2021年4月公開)

「緋色の弾丸」(ひいろのだんがん)

 

まとめ

ここまで、コナン映画読み方2021最新作までのタイトルを順番にご紹介させていただきました。

子どもから大人まで、幅広い世代に絶大に支持されているコナン映画作品。

タイトルの読み方も毎回手ごたえがあり、あらすじだけでも想像力を掻き立てられるような、骨太な内容が魅力の一つですね。

最新作のコナン映画2021「緋色の弾丸」が公開されるまでの間に、歴代の主題歌を聴いたり、今回の一覧に基づいて過去の作品を順番に視聴していただき、より作品の世界に深く入り込み、コナンの世界を存分にお楽しみいただければと思います。