地域コミュニティ

3.11わたしたちにできること東日本大震災体験とボランティアの課題は?

3.11わたしたちにできること東日本大震災体験とボランティアの課題は?
Pocket

2011年3月11日に発生した、東日本大震災3.11のあの日から、10年の月日が経ちました。

10年という節目とあって、連日メディアでも頻繁に報道されていて、改めて注目の大きさが窺えます。

今改めて、わたしたちにできることは、何があるのでしょうか。

3.11をきっかけに、災害時におけるボランティアの課題は?

という問いも浮き彫りになりました。

私は当時、東京の総合病院に勤務する小児病棟の保育士として仕事をしていて、直接的な被災地に住んでいたわけではありませんが、首都圏の都市機能にも大きな影響を及ぼした東日本大震災で、帰宅難民や通勤困難、雇い止め等の出来事を体験しました。

また、発災2か月後の2011年5月から2年間に渡り被災地・石巻市でのボランティアを継続していた体験を通じて、美談の裏でタブー視されがちな面もある、震災ボランティアの課題とは?

という問いを、私自身の体験談を通して考察していきたいと思います。

 

3.11わたしたちにできること

2021年3月11日、Yahoo!の検索エンジンに、「3.11」と検索すると、被災地に10円寄付されるというキャンペーンが大々的に行われました。

大手メディア各社も、検索や募金を通して被災地の復興に役立てようと、趣向を凝らして様々な取り組みを行っています。

 

東日本大震災体験とボランティアの状況

3.11わたしたちにできること東日本大震災体験とボランティアの課題は?それでは今、そしてこれからわたしたちができることを考えるきっかけとして、10年前の発災から私が体験してきたボランティアの状況について時系列でお伝えし、そこから考察した課題についてお話させていただきます。

 

発災2か月頃の被災地ボランティアの状況

発災後しばらくは、遠方からのボランティアは混乱を招くのでなるべく自粛を、と呼びかけられていました。

それでも、5月初旬には鉄道の復旧には時間がかかるものの、高速バスの運行は再開され、3月末で東京の病院を急遽雇い止めになった私は、ゴールデンウイーク期間に夫と共に、自宅のあった埼玉から被災した宮城県石巻市の知人宅の瓦礫撤去のお手伝いに向かいました。

とはいえ、災害復旧に関する知識やノウハウは何もなく、筋力もなく、ただただ気を遣わせてしまったという申し訳なさが残ったのが、私が被災後初めて訪れた石巻でのボランティア体験でした。

自粛が呼びかけられているのに押しつけがましく行ってしまった迷惑ボランティア、直接的に誰かに言われたわけではないですが、そう言われても仕方なかった状況だったかもしれません。

被災された知人のご両親ともに学校の先生だったこともあり、一般車が通行できるようになって間もなかった石巻市立大川小学校まで、同行させていただきました。

救えたはずの多くの命が救えなかった、と10年経った現在も裁判論争が続いている悲劇の舞台でもある大川小学校ですが、当時はただただ黙々と土を掘り、捜索活動を続ける自衛隊の姿だけがありました。

舗装も剥がれた土埃のあぜ道で、すれ違う車が自衛隊車両ばかりで、まるで戦場にいるかのような感覚がありました。

「この光景を忘れないで、10年後も伝え続けるメッセンジャーになってね。」

そう言われたことを思い出して、今回この記事を書くきっかけになりました。

わたしにできることは、メディアの報道で取り上げられがちな美談ではなく、実際の現場に関わり続けていた実体験を通した、リアルの状況を伝えることだと思っています。

 

発災3か月頃の被災地ボランティアの状況


何か役に立ちたいと思って行ったのに、かえって迷惑をかけ申し訳ないという気持ちで、石巻を出る前に、「元保育士として、子ども関係の活動ならお役に立てるかもしれない」と話したところ、避難所の遊び場づくりをしている方を紹介していただき、連絡を取りました。

その1週間後、2011年5月中旬から週1回夜行バスで石巻に通い、学校の体育館などに開設された避難所を回る、子どもの遊び場作りのボランティアに没頭する生活が始まりました。

当たり前のことですが、避難所は被災された方々の生活の場です。

ただでさえプライバシーのない不自由な生活の場に、入れ代わり立ち代わり知らない人間が踏み込んできて、何だかいいとこどりをして帰っていく。

そんな見方もあるのは当然のことで、決して遠方からのボランティアは歓迎される存在ではなかったので、私もあえて遠方から来たとは言わず、1回きりのイベント的な関わりではなく、例え週1回のペースでも「継続すること」を大切にするようにしました。

継続することが何よりも、子どもたちはもちろん、被災した方々との信頼関係作りに欠かせないと思っていたからです。

また、当時主に活動を担っていた、自らも被災者である現地在住のボランティアたちの疲弊や葛藤も感じ取れたので、彼らが心身のバランスを保ちながら長期的に継続できるようにサポートするのが、遠方から訪れる自分の使命だと考えるようになりました。

当たり前のことながら、子どもたちの気持ちも不安定で、遊び場の中で暴言や乱暴な行動が頻発することも日常で、「かえって迷惑」と煙たがられながらも続ける意味について問いながら、徐々に避難所から仮設住宅での活動へと移行していきました。

 

発災後半年~2年頃の被災地ボランティアの状況

発災後半年経った9月頃から、避難所から仮設住宅に移行する方が増えてきて、仮設住宅の集会所での子どもの居場所づくりというのが、メインになっていきました。

「子どもの居場所」と銘打っていても、仮設住宅には当然お年寄りも含め、様々な年代の方が生活しています。

そこで、「子どもを中心に、新しい地域コミュニティを作る」というコンセプトで、年配の方も訪れる場にシフトしていきました。

長期休みシーズンには、遠方からの学生さんが体験ボランティアとして数日間参加する機会も多くなり、発災直後から継続してきたスタッフとの信頼関係が土台となり、短い付き合いの体験ボランティアとも、子どもたちは穏やかに関われるようになっていきました。

活動がNPO法人化されて現地の常勤スタッフや活動拠点が安定したことで、遠方からのボランティアとしての役割は、2年くらいで一区切りついた印象があります。

これからの課題とまとめ

3.11わたしたちにできること東日本大震災体験とボランティアの課題は?


発災後半年経った頃には、私も貯金が底を尽きて来たのでパート勤務を始め、月1回のペースに減らし、2013年以降は首都圏でフルタイム就労を始め、自身の出産を機に夫の故郷の九州に移住したため、なかなか被災地に足を運ぶ機会が少なくなりました。

直接現地を訪れることは難しくても、離れている地域でこうして語り継いでいくこと、忘れないでいること、その時々で出来ることを考えることが大切だと思っています。

災害大国ともいわれる日本で、10年前の余震もまだ続いている状況ですので、いつどこの地域で同じような状況が起こってもおかしくはありません。

震災の範囲はある程度限られているので、被災地以外からの応援が可能ですが、世界的に感染症と向き合うこのご時世だからこそ、改めて、身近な地域の中で災害と向き合うことや、地域コミュニティを見つめ直すことが、これからの課題だと思っています。